Sunday, March 28, 2010

関節の熱対策に関して

手首の腱鞘炎や肘、膝関節など関節に熱がある場合は先ずその対策からしないとなかなか改善しません。病院ではシップを出すぐらいですが、数ヶ月間、改善しない方はほとんど熱対策が不十分です。今まで診た方で2年間膝の違和感が取れず、氷で冷やした途端、痛みが取れたケースがありましたが、「ここまで冷やさないとダメだったんですね。」と感想を漏らしていました。いかに患部の熱を取ることが大切か思い知らされます。単に冷やすと言ってもほとんどの方は冷たい湿布を貼っているから十分と思っているようですが、我々からしてみると20分もすればもうシップ自体が暖かくなってしまっていて、効果はきわめて疑わしいものです。以前に弾発指の方でどうしても手術は避けたいといって、どうすればいいのかと聞かれましたので、「24時間冷やし続けて下さい。寝ているときも1回ぐらいは取り替えて下さい。手を使うことは全て禁止です。」と言ったら、「じゃ、今日からご飯はパパに作ってもらおう。」と本当に実行して3週間で手術せずに治ってしまった方がいましたが、それぐらい徹底的に熱対策はしないと効果が現れません。氷を使うと2時間ぐらいで解けてしまいますが、日に6-7回も取り替えるのはかなり努力が必要です。以前に効率を良くしようと氷に塩を入れて、ご自分では工夫したつもりでしょうが、問題を起こした方もいましたので、治療に関しては我々が色々と実験をして良い方法だけ、皆様に伝えているので勝手に変えないでいただきたいと思っています。氷と言われても面倒くさいから、アイスノンを使うとか、保冷剤で代用しようとか、考えないで下さい。

Saturday, March 27, 2010

患者向けThe Bi-Digital O-Ring Test初級セミナー終了

去年のNew Yorkセミナーはとても良い刺激になりました。The Bi-Digital O-Ring Test創始者の大村恵昭教授の研究に対する強烈なまでの情熱と飽くなき探求心を肌で感じ、日本では正しくないオーリングテストのやり方ばかりが拡がり、何か無性に腹が立ち、東京に帰って何かやりたいという気持ちが抑えきれず考えた末、「一般向け(ORT友の会)のセミナーなら私でも出来る。」と協会の許可を頂き、11月末には第1回目の初級セミナーを開催することが出来ました。月1回のセミナーは今月で5回目を迎え、昨日、無事終了することが出来ました。たまたまのご縁で、一般向けに書かれた本(http://www.shufu.co.jp/books/00003710.html)の土田編集長とのご縁もあり、患者様の中でかねてからのオーリングテストファンの方達や治療関係の方達も含め、15名ほどの方達に今まで学んだことをお伝えすることが出来ました。中には「思ったよりむずかしい。」、「もっと簡単だと思っていた。」、「先生に診てもらいからいいや。」とか「逆の結果ばかりが出て自信をなくした。」など感想は様々でしたが、皆さん楽しんで実技勉強をされていたように感じました。今はまだ少人数ですが、やがては多くの方達に、「自分の身体を守る最大の武器」として認識して戴きたいと思っています。そう遠くない時期に3人に2人はがんになるのですから、出来れば小学校、中学・高校の保健授業に組み込んで頂けるよう、頑張っていきます。いよいよ来月からは中級セミナーの開始です。テロメアや足の三里の話を中心に実技指導させて戴きます。皆さんにどれだけ喜んでいただけるか実に楽しみです。
video